水道工事のときに必要な資格について

水道工事は大規模なケースと小規模なケースに分けることができます。その規模によっては、資格を有していないと工事ができないケースもあります。どこでも工事ができるわけではないため注意が必要です。特に昨今はDIYが流行っていることもあり、間違って資格が必要な部分に手を加えてしまうケースもあるため、しっかり確認しておきましょう。

■水道工事の資格とは

水道工事の資格は多種多様です。具体的に例を挙げると、給水装置工事主任技術者という資格があります。これは、給水装置の工事を実施する業者が水道業者から指定を受けるための資格になります。どういった意味なのか分からない人も多いでしょう。分かりやすく説明すると、水道局など地方自治体が管理している水道管から自宅などの個人レベルの水道管につなげるときに必要な資格となります。
水道局が管理する水道管は、いわば、国民のものであり税金で管理しているものになります。この公共のものに対して勝手に繋げたりしないように監視する意味も含まれています。

■業者依頼をするときは資格有無の確認をすること

大掛かりな工事になる場合、やはり資格を持っていた方が依頼をする側も安心できます。したがって、依頼をするときに資格を持っているかどうかの確認もしておくとよいでしょう。聞きにくいという場合は、会社のホームページなどに掲載されていることもありますので、チェックしておきましょう。業者の詳しい説明を聞いた上で、依頼をするかどうかの判断をすればよいのです。


■まとめ
水道の工事をする場合、国家資格が必要なケースがあります。全部の工事において必要になるわけではありませんが、業者としては持っていた方が信頼の証にもなります。依頼者側も大きな安心感を得ることができるため、依頼をするときにしっかりと確認することが大切になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ