水道の工事をするときのマナーについて

水道の工事をする場合、大きな機械を投入することがあります。地面を掘り起こして水道管の修理を行うケースがあるからです。その場合、気になるのが、近隣住民へのケアです。騒音などの迷惑を掛けることになるため、トラブルにならないように前もって挨拶などをしておく必要があります。水道工事をする場合のマナーについて知らないという人は、しっかり確認しておきましょう。

■大掛かりな工事の場合は挨拶をしておくとよい

一般常識として、近隣住民にはやはり挨拶をしておくことが大切になります。一軒一軒挨拶しに行くのは面倒だし、近隣住民と付き合いが薄い場合は、なおさらに億劫に感じてしまうところです。しかし、一言告げておくだけで印象は全く変わってきます。近隣住民との円滑な暮らしを手に入れるためには、必要なマナーだと考えた方がよいでしょう。ただし、小規模の水道の工事であれば不要な場合もあります。例えば、敷地内で完結し大きな音などが響かないのであれば、隣接する住民にだけ挨拶をしておくとよいです。

■敷地内であれば駐車場を空けておく

一軒家で駐車場を完備している場合、業者が作業するために空けておくとよいです。工事をする前に別の場所に自家用車を置いておく所を確保しておくと、工事の行程をスムーズに進めることができ、スピード感を持った対応をしてもらうことができます。駐車場を掘り起こして対応をする場合もあるため、車や荷物などを移動しておくことが必要な状況もあります。事前にしっかりと確認をしておきましょう。

■まとめ
規模が大きなものになってしまう場合は、やはり近隣住民に挨拶をしておくとよいです。規模が小さいものであれば、隣接する住民だけでよいので、前もって挨拶をしておきましょう。敷地内での作業で済む場合は、別途自家用車を置いておく場所を確保しておくと、作業をスムーズに進めることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ